盲目的な恋と愛と

バンギャでジャニヲタな人のゆるーい日常

【お題】ジャニヲタの私がこの世に生まれた瞬間

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

今日はジャニヲタになったきっかけについて
誰も興味ないだろうけど、書こうと思う

きっかけはSMAP中居正広
中居くんを見て、ジャニーズという世界というか沼にどっぷりハマってしまう
あの時、SMAPというアイドルグループを見ていなかったら私はというジャニヲタというものにはなってなかったのではないだろうか

あとは松岡昌宏くんや堂本剛くん、岡田准一くんあたりの影響もあったりする

それに加え、母が少年隊の東山紀之さんのファンだったからジャニーズという世界には入りやすかったのはある
だから、ジャニーズのアイドルというものに対しての偏見が皆無だったのもある
※母は現在、亀梨和也に夢中です

第一次ジャニヲタ期SMAPTOKIO・V6・KinKi Kidsという感じ
あとは生田斗真だったりとか
学校へ行こう!とか青春だったなーって思う
V6やキンキの曲を聞いたら懐かしい気持ちになる


第二次ジャニヲタ期KAT-TUN・NEWS・関ジャニ∞
中丸担になって、今に至る
自担大好きマンみたいな奴に無事成長
年々、自担が1番♡みたいな気持ちが強くなりすぎてやばい気がしてならない

第三次ジャニヲタ期はSexy Zone という感じ
きっかけは中島健人である
最近はふまけんにやられてしまった
相変わらず、KAT-TUNは好き
だけど、充電期間なのでグループとしての露出が無い→前からハマっていたセクゾにもっとハマろへのステップ

ジャニーズというか、女子アイドル(実は好き)もなんだけど、夢を見せてくれるから好きなのかもしれない
だから、ハマるのかなと

ジャニーズにハマったきっかけの入口はSMAPでそのSMAPが解散した時は正直、つらった
ヴィジュアル系バンドで解散は慣れているとはいえ、国民的アイドルの解散はきつかった

今、思うのは『ジャニーズ』というアイドルにハマらせてくれた中居くん、ありがとう!
中居くんを好きで本当によかった

だんだん、話がそれてきたので終わりにする
以上、ジャニヲタになったきっかけでした!