盲目的な恋と愛と

バンギャでジャニヲタな人のゆるーい日常

仁亀のハモリを聞くと泣けてくる

KAT-TUNを好きになったきっかけは中丸雄一

KAT-TUNを知ったきっかけは亀梨和也赤西仁だった記憶がある

 

当時、ごくせんというドラマを放送していて、友人たちが亀梨和也赤西仁にハマっていて、それでKAT-TUNというグループを知った感じである

 

デビュー曲のReal Faceを聞いて、一気にKAT-TUNにハマって早11年目

永遠の新規というやつです

けど、ファンに新規も古株も関係ないのではないかなってバンドにしてもジャニーズにしても思ったりするわけで

ファンはファンじゃん的なね

まぁ、みなさんいろんな考え方があるだろうから、この件に関してはこれ以上は書かないことにしようと思う

 

さて、タイトルに書いたとおり、仁亀のハモリを聞くと泣けてくる

なぜだろうと考えた結果、2人の声がきれいにハモった瞬間、新しい音色が生まれる気がする

 

◎参考動画◎

 

仁亀、やっぱり泣ける

この2人は不仲説とか出てきて、急に仲悪くなった感あるけど本当は仲良しなんじゃないかなとか、勘繰ってしまう

本人たちには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなわけで

 

なんだかんだで、私が1番のシンメだと思うのは亀梨和也赤西仁

本音を言うとずっとずっと、KAT-TUNに居てほしかった

亀梨和也の隣は赤西仁しか居ないと思ってる

それくらい、仁亀が好きです